© 2012 kuboe. All rights reserved.

京都-金閣寺(鹿苑寺)-

 

建築をやっている人間は、一般的にまず金閣寺には訪れないでしょう。
なぜなら、金箔を貼りめぐらした、成金趣味の建物に嫌悪感をいだくからです。
しかし、この歳になって小学校の修学旅行以来、久々に見る金閣は美しい!
50年近く前に見たであろう、金閣寺の記憶はまったくありませんが、これは来世を願う仏塔だったんですね。


■金閣寺の近くまでやって来ました。
右側の小高い山に左大文の大の字が見えます。

 

 

 

■ここからが金閣の参道です。

 

 

 

 

■金閣寺の庭園は広く、2つの池を回遊するように計画されています。

 

 

 

■参道は広く真直に延びています。

 

 

 

 

 

■脇の庭もとてもきれいに整えてあります。

 

 

 

■やっと唐門にたどり着きました。
素晴らしい門です。
この脇から入場します。

 

 

 

 

■いきなりこの風景が目に飛び込んできます。
誰もが喚声の声を上げます。

 

 

 

■金閣寺は回遊式庭園になっていて、池を廻って庭を愛でるのですが、一般の方はダメのようです。

 

 

 

■格子のすき間から覗いてみました。
歩いてみたいな。

 

 

 

 

■実に美しく、優雅です。

 

 

 

 

■方丈の前庭には、足利義光の愛した盆栽を移植して大きくなった松があります。
とんでもない松ですね。

 

 

 

■金閣寺の象徴でもある舎利殿の裏へ廻ると、至近距離で見ることができます。

 

 

 

■お守り売り場まで優雅で美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

■夕佳亭という茶席です。
とても、しっとりとした佇まいです。

 

 

 

 

■すぐれた完成された数奇屋ですね。