© 2012 kuboe. All rights reserved.

岐阜-八ツ草公園-市営球場

県美術館の北、道路を挟んで市営球場があります。
八ツ草公園の中央に球場があるんですが、どちらかといえば球場の周りに帯状に緑地がへばりついた公園がある、といった方が良いかもしれません。
このコンパクトな公園の特徴は、なんといっても設置されている彫刻の多さです。
もっと驚くのは、ここのすべての彫刻が地元の作家、しかもほぼ岐阜市在住の作家の作品で埋められていることです。
今回は、その彫刻を紹介させていただきます。

■県美術館から道路を挟んで公園が見えます。

 

 

 

 

■八ツ草公園のサインがあります。

 

 

 

 

 

■けっこう緑があって散歩コースとして私のお気に入りです。

 

 

 

■右側にベースボールの球場があります。

 

 

 

 

■子供たちでしょうか。のびのびと野球を楽しんでいるようです。

 

 

 

 

■球場の芝の緑がきれいな季節です。今年は岐阜国体のお陰か、サインボードが電光掲示板に新調されました。

 

 

 

■左脇をみると「わらべ」というタイトルの彫刻があります。北川さんの作品です。
かなりイケメンの作家です。
この作品はどこか、国の重文でもある岸田劉生の「麗子微笑」を彷彿させません?
もしくは、サランラップのCMの女の子

 

 

 

 

 

■これはなかなかの力作で、かなり強いアピール性のある作品です。

 

 

 

 

 

 

 

■近づいて見ると恐いくらいです。作品の題名と作家をしるしたプレートが見当たらないのが残念です。

 

 

 

■これは郷さんの「すり合わせた2つの形」というタイトルの作品です。これは誰が見ても男女に見えますね。彼とは、彫刻家・建築家・グラフィックデザイナーの3者で一つのテーマをキーワードにして紙上ギャラリーをやりました。テーマは「サイコロ」

 

 

 

 

■私共の近くにアトリエを構えていた高橋康雄さんの作品「コンポジション」です。建物の門扉などのデザイン制作もなさっていて、親しくさせていただいていましたが、この作品を見て、バランスの良さと作品精度の高さにびっくりしました。素晴らしい作品だと思います。

 

■この作品は真中の右がぶらさがっていて、前後に揺れるんです。おそらく子どもの遊具に変わってしまったのか、作品を示すプレート等がなくなってしまっています。

 

 

 

 

 

 

■この作品はこの公園で最も人気があり、いつも子供たちがよじ登ったり腕を突っ込んだりして遊んでいます。なんか恐竜か怪物に見えるのか、キックなどもしています。当然、作品を示すプレートなど、どっかに吹っ飛んで見当たりません

 

■彫刻のある公園の遠景ですが、左端に最近できたものがあります。

 

 

 

■まだ出来立ての遊具です。これを設置してから、この公園に圧倒的に子どもの数と若いお母さんたちが集まるようになりました。高邁な石の彫刻より、カラフルな遊具の方が人は集まるんですね。

 

 

■最後の彫刻作品の紹介です。「西方の館」という作品で、作者は玉井正爾先生です。存在感といい、黒御影石の扱い方、つまり磨いたり削ったり、の表現が他者とは圧倒的な違いを感じます。
小さな地方都市、岐阜にこんなに多くの彫刻家が生まれたのも、すべて玉井先生の指導と存在があってのことです。

 

 

 

 

 

追伸
先々回のコラム、県美術館で紹介した彫刻の掲載もれがありました。改めてこのページで紹介させていただきます。

■高橋清氏による「第三の太陽」です。炎のような外輪の中にまた彫刻があります。

 

 

 

 

■石をくり貫いて中央部に残した彫刻が妙にエロティックで生命を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

■美術館の森の中にコンクリートの壁が立っています。塀のようにも見えます。

 

 

 

■はじめ、これが作品だとは気が付きませんでした。よく見ると、天然の樹木に、食い込むようにコンクリートの壁が自立しているのが分かります。
「壁」というタイトルの榎倉康ニ氏の作品です。プレートには(1942-1995)とあります。若くして亡くなられたのでしょうか。
また1971年(再製作1995年)ともあります。
寄贈榎倉充代氏とあるのは、ご身内なのでしょうか。天然の樹木の成長と共に再製作する作品なのでしょうか。