© 2012 kuboe. All rights reserved.

大垣-ソフトピアジャパン-

岐阜市に隣接する大垣市は工業の町です。
新しいもの造りを応援するため、IT産業の振興を計り、この建物はできています。
設計は、ソフトバンクのCMで有名な若尾文子の夫、今は亡き、黒川紀章氏です。
私が建築の勉強をしていたころ、丹下健三の率いる弟子の中でも磯崎新と共に筆頭的存在でした。
メタポリズムを提唱し、都市も建築も、増えたり減ったり自在な変化に対応できるものでなくてはいけないという論理です。
銀座の中銀カプセルが実現した代表作品です。
とりあえず作品を見てみましょう。

■メインの高層ビルの上には2本のタワーが立ち、夜はカラフルなライトアップがされます。

 

 

 

 

■東西に一直線に3棟の建物が配列され、1番東の建物です。
三日月状の屋根が特徴です。

 

 

 

■とんでもなく玄関庇が伸びています。

 

 

 

 

■中間に水盤のある、水庭を介して笹の葉型の屋根が特徴の建物が見えます。
なんだかユニークな写真ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■正面から見ると、いかに直線的に建物が配置されているか分かります。

 

 

 

 

 

 

 

■黒川氏の若い時の作品、東京の中銀カプセルです。