© 2012 kuboe. All rights reserved.

京都大原-三千院-


■大原三千院には何度も来ていますが、秋の紅葉の季節に訪れるのは2回目です。とにかく、人気があって、このシーズンの土日は人を見に来るようなものです。
土日は長い行列ができるとのことです。
平日なので、ゆっくり三千院を楽しむことが出来ました。


■三千院の入口あたりにはお店がたくさん並んでいます。
やはり人気があるんですね。

 

 

 

■参道は長く、くねくねとした、だんだら坂を登ります。

 

 

 

 

■途中にもお店があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

■山門近くにも、たくさんのお店が軒を連ねています。

 

 

 

 

■やっと山門にたどり着きました。

 

 

 

 

■客殿の部屋からみた庭はたいへん美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■三千院を代表する、往生極楽院から見た庭です。
この庭は、あきらかに室内から見る庭ではなく、堂に入るアプローチとしての庭です。
つまり他の堂院のように室内から庭お見る建物とは、まるで違う機能の建物だということです。

 

お堂に入ると中央に阿弥陀如来、右に観世音、左に勢至菩薩を配し、天井は船底天井の作り。
つまり、このお堂は人間を来世極楽に連れて行く作りになっています。
そう思ってみる仏像はなんと尊いことでしょう。