© 2011 kuboe. All rights reserved.

東京銀座-銀ブラ-

東京へは年に1,2度は行く機会がありますが、銀座に寄ることは滅多にありません。
今回、久びさに銀座を歩いてみました。昔これを銀ブラと言っていました。
フランク永井の”有楽町で逢いましょう”という歌がはやりました。
恋人と有楽町で待ち合わせ、銀座でデイトするのが流行ったような気がします。
また”銀座の恋の物語”というデュエットの歌もヒットしました。
つまり、昔のデイトスポットだったんですね。
現在は若者の街とは言えませんが、世界の一流ブランドが軒を連ねています。

 

■銀座4丁目の交差点にある、この和光ビルは銀座の象徴的なビルで、時計台の役目もはたしています。

 

 

 

 

 

 

 

■和光ビルの向かいのビルで、円筒状のモダンなビルの足元は、若い恋人たちの待ち合わせスポットでした。

 

 

 

 

 

 

 

■一年に一度、日本の地価が発表されますが、日本で一番高い地価の地番は、毎年必ず銀座鳩居堂前でした。
現在はおそらく、別の場所になっているのでしょうか。

 

 

■この銀座のライオンビヤホールは、若いころ東京に行くと必ず寄ってビールを飲む場所でした。
内装は大谷石を大量に使ったデザインで、フランク・ロイド・ライトをイメージさせるインテリアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■銀座5丁目にリーズナブルな衣料品を扱うユニクロが店舗を構えました。
日本の中でも、最も高級なイメージの強い、銀座のプライドも変わりつつあります。

 

 

■このビルは世界的な建築家といわれている、日本の伊東豊雄氏の設計したビルです。
MIKIMOTOの真珠や宝石をイメージさせる、ユニークな外観の建物です。

 

 

 

 

 


■この2枚の写真のビルは最近建てられたようで、明らかに周りのビルと違う自己主張した建物です。
おそらく、設計者は日本人ではなく外国の建築家によるものでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久びさの銀ブラは懐かしく、楽しいひと時でした。
今から30年以上前に、今の妻と婚約中だったか、結婚してからだったか忘れてしまいましたが、銀座の小さなステーキ屋さんに入り、岐阜では滅多に食べられないステーキを注文したことがあります。
その時、お隣に座った初老の品のいいご夫妻が、ものすごい厚いステーキを食べていらっしゃいました。
我々もあんなステーキが食べられるようにがんばろうね、と誓った記憶があります。
自分たちの注文した薄いステーキを見つめながら…。